vs 群発頭痛 いろいろ


by gunpatsu-etc2

カテゴリ:病院にて( 8 )


私は1か月ほど前、36年間の人生で初めて本格的な頭痛に襲われました。あれは確か日曜の夜、風呂からあがりいつものように缶ビールをグビグビしながらほろ酔い気分でウトウトしていたら、右目の奥にグサッとした痛みが・・・。
な、何なんだいったい。すぐに寝室へ行き布団の上をのた打ち回ってグッタリしていたのですが、次第に眠気が痛みに勝ち気づいたら朝に・・・。
その時は一過性のものと信じ気に留めなかったのですが、3日後、やはり飲酒後に同じように右目の奥がグサグサと痛くなり、もしや脳出血で死ぬのではと思い、翌朝、近くの脳神経外科へ行きました。病院でMRI検査をして脳に異常がないことがわかったものの、結局頭痛の原因まではわからず、ロキソニンを処方されて帰りました。
そして、どうしても原因と治療法を知りたくてネットでいろいろ調べているうちにこのサイトへ行き着きました。するとどうやら自分は群発頭痛ではないかと思い、再度病院へ行き医師へ1か月間の症状を告げるとやはり群発頭痛という診断でした。



ネットで色々検索して昨日脳神経外科のある病院へ行ってきました。診察の前にCTを撮り、診察室へ呼ばれて入ると、先生は、「偏頭痛だね。よくあることだから。CTは異常ないね。でもCTじゃ脳の異常があるかないかの判断だけで、血管の様子とかはわからないから、来月MRIやりましょう。予約していってください。」ということで薬をもらいかえりました。薬はロキソニンとレルパックス3錠。ロキソニンは毎日朝、昼、夕飲む常備薬として、レルパックスは痛みがひどいとき、、、
MRI。。。受けたほうがいいのかなぁ。。。。念のためだろうけど。病院に通われている方、頭痛って脳神経外科でよいのですか?どこへ行ったほうがよいのかわかりません。
昨日行った先生もなんだかちょっと違う気がして。病院探しは難しいです。



一般的には、かかりつけ医を受診して頭痛に詳しい医師を紹介してもらうという方法ですね。頭痛の専門は一般的には神経内科や脳神経外科です。最近では頭痛外来などを設けている場合があり、頭痛に詳しい医師の診察日が限られる場合もあるので、電話で問合わせるとよいと思います。
 CT・MRIの検査して あとはほったらかしとしい医師も中にはいます。 自分のとった対応策は、24時間の頭痛日記をつけて、そのデータを医師に見せて、医師に不安なことは、徹底的に聞きまくり、丁寧に答えようとする医師なら 安心かな。同じ病院でも、医師は複数ならご指名で診察しました。相性のよい医師に巡り会えました。



病院はやはり、専門の脳神経外科がある病院。
または脳関連の科がある病院。
多少有名な病院に行かれた方がいいかと思います。
街医者的な病院では私の経験だと必ず偏頭痛だと言われます。



病院は1年に1回、薬を貰いに行くだけ。治療なんて無いんですもんね。医師もさほど詳しくなくって、群発歴20+α年の私のほうが詳しい位。




救急車を呼んで近くの大きな病院へ運ばれました。。。そこで言われたのが「偏頭痛ですね」と。注射1本でケロっと治り、しばらく休んだ後歩いて帰宅しました。その後何年か通い「群発頭痛ですね」と正式に命名されました。
それからというもの、発作の度に夜中でも病院へ行き注射を打って直していました。
しかし、去年の秋の発作はいままでのものとは比べようのない痛み。
しかも注射が効きづらくなってました。
もう、毎回泣きながら「助けてー」とか言ってのたうちまわる日々。
頭痛外来のある病院に行き、どうやったら治るんでしょう?と相談。
「50歳くらいで治るわよ。」と軽く一言・・・。かっこいいおばあちゃん先生に言われ、引き下がりました。。




眼科、耳鼻科、脳神経外科かなりの病院もまわりCTやMRIも何回撮られたかわかりません、去年は夏に発症しそこで撮ったCTに白い影が!!大きな病院でMRIを撮ったところ右の副鼻空にピンポン玉ぐらいの腫瘍が見つかりました!不幸中の幸いかすぐに入院し手術、悪性でもなく、すぐに退院することが出来ました。もしかしたらこれが原因だったのか!と思い喜んでいたのですが・・・。いつもは梅雨時や夏にくる頭痛が冬に来ました、




初めて群ちゃんとお会いした時は自分は死ぬんじゃないかと思うくらいの激痛で即病院へ!でも、色々な病院をたらい回しにされ病名を知ったのは発症から1年後の事ですo(ToT;):
ひどい病院では原因がわからないので開頭手術を勧めてきました。
さすがにそれにはムカつき、すぐ病院を変更!!そんなこんなをしながら病名を教えて頂いた今の病院に落ち着きました( ̄▽ ̄)ゞ




発症当時は「頭痛」としてのイメージが無く、目の奥がとにかく痛くて「眼科」に行けば「眼精疲労」と言われメガネを作ったり、発作の時は鼻の奥が痛み詰まる感覚もあったので、「耳鼻科」に行けば「副鼻腔炎」といわれ点媚薬・飲み薬を大量に使用していました。それでも一向に改善できませんでした。「内科」に行けば「CT」まで撮らされましたョ。しかしそこでも、
「異常ございません。」と・・・(^^)。

夜中突然起きて、「痛い、痛い」といって涙ボロボロ・・。
何も出来ない奥さんはそんな自分を見てオロオロ・・・。

38歳ではじめて「インターネット」に触れ、『あぁ、これが自分の病気なんだ!!』と。つまり「5年間ずっと発作任せ」だった訳です。辛かったですよ、とても。
同時に、「医者なんて、何も勉強してないのか!!」と怒りにも似た感じを持ちました。

そこで、「内科」に行きまして『カフェルゴットください!』と(^^)。(確か当時はこの薬がメジャーでしたよね。)
「自分は、群発頭痛なんですから、この薬ください!」と・・。
しかし、そこの先生も「群発頭痛」ご存知ありませんでしたよ。
某「福岡の国立病院」なんですけど。




先日、胃腸科内科の病院にて胃潰瘍・十二指腸潰瘍が確認され治療中です。
先生との問診で『私は頭痛持ちなのですが、胃腸が悪いと頭痛を起こしますか?』と尋ねると『ないと思います』との返答でした。
実際頭痛と胃腸の関係はどうなんでしょうねぇ?。
私事ですが近くに群発頭痛を理解してくれるお医者さんがおられるので勇気付けられました。胃腸にも気を付けましょう。




20年前くらいになりますが、私も激しい頭痛の症状が治まらず、街の歯科医院→大学病院歯学部→市民病院と渡り歩き、親不知を抜いたり、頭部一周レントゲン、CT、頸椎部レントゲンなどいろんな検査をしましたが、診断は「神経痛ですね!」でした。診断を聞いて落胆していると「もっと重い病名の方が良かった?」なんて言われたものです。

痛みを伝えるテクニックが無かった事もありますが、当時は頭痛に関する研究が医療側でも進んでなかった事も手伝った様です。




前は夜中に痛みが来て毎晩のように救急車を呼ぶ事も。夜中の常連でした。でも忘れもしない夜中に行った病院で言われたこと!
「もう痛みを止めてあげられないから来ないで下さい。」それ以来 夜中は行かずひたすら自宅で泣き喚いている毎日でした。




MRでの検査で分かりましたが 水が溜まってるとの事で耳鼻科で再検診しました。 水ではなく膿でした。確かに群発期に入る前あたりから鼻の奥は毎回調子が悪くなります。少し血の混じったような鼻水もありました。現在は蓄膿の治療のみに専念してますが。自分と同じような症状の方もおみえになるのではないでしょうか?



朝一起き抜けに鼻をかむとほんの一瞬なんですが群発に良く似た激痛が走ります。ほんとにほんの一瞬なんですが(一瞬でも気を失う位の激痛です)。小学生の時に蓄膿症と判断され2年間程耳鼻科に通った事を思い出しました。鼻の奥から目、脳に何かしら繋がりが有るんでしょうか?群発持ちの方で鼻の悪い人の占める確率が知りたくなりました。


えっと 何年か前に、蓄膿もあったし 鼻がまがってるやつ、それを鼻手術しました。今現在言っている病院は、脳外科と耳鼻科、内科、とバリエーションにとんでいて、きっちりMRI・ctと検査しまくって 手術しました。 きっかけは、鼻血が止まらない、あるいていても出血と もう治療最中でもどこでも なので、Drも患者本人もブチときれて、もう手術しかないということで 即決でした。
 目の奥なので、眼科にも数年かかり、原因不明。最近やっと脳外科医が、イミグランや片頭痛予防薬を処方し 耳鼻科の点鼻スプレーや投薬で やや改善方向へ。脳外科も耳鼻科 それぞれのDrも研究熱心でありがたや。
脳外科と耳鼻科と連係プレーしていただいたので、たすかってます。ほんと いいDRにあえました。
耳鼻科Drに聞くと 関連があるとのことでした。不安があるのなら 耳鼻科医でお聞きになることを お勧めします。



鼻と頭痛に関連がある人もいます。
それが関係あるかどうかを知るためには顔のレントゲンを撮って副鼻腔がどうなってるか診ます。
私は撮りました。
私の場合は、そこはシロでした。
頭痛の種類を鑑別するために、いちどレントゲンを撮っておくことをおすすめします。



ここ数日?数週間?発作時の痛む方の耳が変で、聞こえにくく詰まった感じがしたり、プールに入っているような感じがあり、仕事でも会話に支障がでてきたので、耳鼻咽喉科に行きました。

色々検査した結果、どうしてもっと早く治療しなかったのですか?!左は補聴器レベルの聴力です。と・・・。

そんな年じゃないよ~!って思いながら、頭痛の発作が・・・って説明したのですが、言われる言葉は「その頭痛、そんなに痛いの?」ばかり。

群発頭痛をご存知ですか?って聞いても、先生は無言。。。
処方された薬は、血流を良くする薬でした。最近飲んでいた薬も言ったのですが、ホントにこれを飲んでイイの?って疑問で・・



来週「MRI」の検査をすることになりました。先生いわく、「今回が初めてだから他の病気の可能性もあるので、MRI検査をしてもらいたい」とのことでした。「首の後ろの静脈が集まったあたりに腫瘍があると群発頭痛と同じ症状を見せる」と先生は話してくれました。

「腫瘍???」いきなり出てきた言葉に驚きましたが、とにかく先生の言うとおりにしか今はできないので、来週MRI検査をしてくる予定です。


医師は最悪の場合を想定してます、それを検査・問診・治療によって ひとつひとつ解決していきますので、MRI検査をして判断したいのでしょう。 「腫瘍」などの病気がある場合、同じような症状を引き起こす場合もあり、検査をと考えたのでしょう。

自分の場合は 血管が左右大きさが違い、しかも途中であれれれ消えてるという とっても研究・臨床したい症例だったらしく、血管造営のMRI検査と担当医が うるさかったですね。入ったところがたまたま救急病院だったもので・・・・、しかし別の病院でMRAなど 定期検査してたので逃げました。
 
 最悪な場合 昔よりは治療技術・薬など進んでいるし 大丈夫。
[PR]
by gunpatsu-etc2 | 2010-03-10 00:00 | 病院にて

群発の治療 東洋医学


数え切れない程の、病院で診てもらっても全然良くならなくて、悪いところは無いんだけどね、と言われ続け、じゃあ、この痛みはなんなの!!!と誰かに当り散らしたい気持ちを抑え、薬でゴマかしてきました。それが、ぎっくり腰でたまたま駆け込んだ治療院で、なんとなく、頭痛の話をしたら、あっさり「良くなりますよ。」と言われ、びっくり。とりあえず、ぎっくり腰が治ってから、という感じでしたが、腰も本当に魔法みたいに痛みが消えたので、信じる気になって、一週間後、に予約しました。
治療当日、梅雨のせいもあって、朝からとにかく、目の奥まで苦しいような頭痛。こんなの、治る?と半信半疑で治療院に行き、説明を受けると、私の頭痛は、腰と首にあるらしく、そこを矯正すれば良くなると言われ、ちょっと怖かったのですが、前回の魔法もあるし、勇気を持って矯正を受けました。痛みは全然無いのですが、音にびっくり。
でも、直後!!!痛みの無い頭になりました。
びっくりしました。軽いんです。首から上が。ほんとに。
これは、ちょっと、表現できない爽快感です。
それ以来、軽いやつが一回来ましたが、一週間経過後もまったく頭痛なしです。こんな時期を痛み無く過ごせるなんて。
みんなの頭痛も、早く良くなりますように。
ちなみに、その治療院は、巣鴨駅から、すぐ近くの、巣鴨総合治療院、というところです。



首の治療というのは、なにしろ神経系が集中しているデリケートな箇所ですから、ものすごく難しく、あたれば一発で治りますが、少しでも誤るとえらいことになるので、めちゃめちゃ危険なのだそうです。
「だから、万一のないように、少しずつ、少しずつ、さわっていきましょう」
と、職場の先生が言っていました。
私は、ちょっとずつ、首をしてもらっています。



頭痛時に整体がいいのかどうかは知りませんが、鍼は結構いいらしいですよ。鍼に抵抗がなければ一度試してみてはいかがでしょうか?ただし、鍼をやっているところって指圧ももれなくついてくるほうが一般的な気がするので、整体が良くないなら指圧も省いてもらったほうがいいかもしれませんね。



うちの近くに紹介でしか受けてない整体の先生がいまして、まだ若いのですがすごく勉強熱心で、私の頭痛に一生懸命原因を探してくれました。
その時体験したことなのですが、頭痛期間中に体の骨のずれを治し(きまって首の骨辺りがまがっている)一週間後に行くと先生もびっくり!1週間でまた骨がずれていたというのでこんなに短期間でずれるのはめずらしいとおっしゃっていました。それから通院中、電磁波が原因と言われたこともありました。その時は電磁波を取り除いていただいたことも2回ほどありました。
だからといって頭痛が治ったわけではないのですが・・・しかし私の場合整体もありかなって思いました。
電磁波の取り除き方ですが、仰向けに寝て額の上と確か胸の上に、重くて平たい石ではないのですが、磁石?のようなものを乗せて15分位ですかね~寝てました。なんだか電磁波で骨だかスジだかがどうのこうのとおっしゃってました。



頭痛発生時に整体に行ったのですか?リハビリ科の専門言わせると あまりよろしくないことを聞いてますが。
自分も同じく肩こりとかがすっきりするから、頭痛にもいいとばかり思ってました。しかし、かかりつけの病院で、頭痛発生時に行ったら、リハビリ科が受診受付してくれなくて、「頭痛のときはできないよ。脳外科医の指示があったからね。元気なときにおいでね」云われた。



整体に行ってきました。そこで頭痛薬を飲んでいることを話したところ、先生に少しお叱りを受けました。頭痛がするということは良いことです、体が訴えてるんです、薬を飲んだらその痛みが閉じ込められてしまう・・みたいな事を言われたのですが、長い時間をかけて体の根本から改善できれば、頭痛は本当になくなるのでしょうか。体中バキバキされて他の疲れはスッキリ軽くなりましたが、頭痛に関しては今のところ薬に頼らないと生きていけそうにないので(笑)この群発期が過ぎたら、整体まじめに通ってみようと思っています。



骨の動くべき所が動き、伸びるべき所は伸びていれば、殆どのコリや頭痛はなくなる、との事(うる覚え)。
実は東洋医学こそが群発退治のリーサルウエポン(最終兵器)かもしれないですね。



とうとう気功??に行ってきました!
今日は朝から首が痛くてそれを先生に伝え治療してもらいました!歪みを治している時は痛くて死にそうだったんですけど帰りは首はらくでした。(T^T)//""パチパチ
群発の話をしたら頭痛の王様と言われてるみたいですね!))(゜o゜;)/ おろおろ
びっくりしました!
奴の攻撃中に治療すると一時的には痛みを止められるみたいですよ!残念ながら私が治療に挑む時は奴は出てきてくれませんでした
でも行って私にはプラスだったかな??って思います!
ぐんちゃん以外の痛みが取れたので体が少し楽になったから!(T^T)//""パチパチ



藁にでもすがる思いで接骨院に行ってきました。
接骨院の先生の見解は、
腰がゆがんでいるから頭を支える首もゆがんでんだよね。首の骨にある血管は目の奥に続いていて、首がゆがんでいると血管が圧迫されて痛みが生じるのではないかとのこと。
あと、頭が人よりも熱い、とも言われました。
整体を受け、帰ってから先生に指示されたとおりに氷嚢で首の後ろを冷やす、ということを続けること一週間。
なんと頭痛が治まりました!!!!!
わーい。

まぁ今回の発作が起こってから一ヶ月がたったので(私の発作期間はだいたい一ヶ月)、一概に「整体のおかげ」ともいえないのですが、試す価値はあるのではないでしょうか?



首の骨が曲がってるとの事でケアをしてもらい精神的にも救われました。



私の大事な知り合いに、群発頭痛の人が二人いるんですが、二人ともぎっくり腰になったことがあるんですよね。首の骨に関しても、一人はレントゲン取った時に肩の骨が下がりすぎてるだかなんだか…一般的ではない状態で、そのせいなのか肩というか首筋というかも痛くなったりすることがあり、そこを冷やすと少しか楽になると言ってました。…なんか、共通点があるような気がします。

首の後ろを冷やすというのは痛い時にする対策ですか?
それとも、痛みが治まっている時もできるだけ長い時間冷やすようにすることで少しか予防効果があるのでしょうか?

一人は今も群発期真っ最中で眠れぬ日々を過ごしています。
なんとか少しでも手助けしたくて群発頭痛のことを調べているので、
よろしくお願いします。m(__)m

ところで、あなたは手が温かい方ですか? 私の周囲にいる群発頭痛持ちさんは皆手が温かいんですが…。



群発の知り合いが2人もいるんですか?すごい。私は誰も知らない。。やさしいですねー、人を思いやる気持ち、それだけでありがとうです。
さて情報、ありがとうございます。
残念ながらここは過去の情報のログなのでご意見はOKなのですが、質問はたぶん答えが返ってくる確率低いと思われます。ぜひメインのHPに行って頂くか
私がお世話になっている管理人さんのBBSに投げてみるのをお勧めします。

それから私の手は、う~ん、どちらかというと冷え性気味だから冷たい方かなぁ・・・でも着眼するところがすごい。またまた感謝です。情報、いただきます。ありがとうです!
[PR]
by gunpatsu-etc2 | 2006-06-30 00:00 | 病院にて

MRI CT 検査


あの狭い機械に入ってる時間の長く感じること。
しかも、凄い音だし。。。
それで、結果は何も異常ありませんっ!ですって。
肩こりによる頭痛なので、筋肉の痛みを緩和する薬を頂いてきました。ミオラーク錠4日分。
群発頭痛って聞いたことあるんですけど・・・?
って私の回答には、あれは自律神経によるもので・・・ちょっと違いますね。ですって。
どうなんでしょうかね。



そもそも頭痛時に首がものすごく腫れた感じがすることからこの整形外科で診察を受けたのですが、首のほうはMRIの結果、問題(異常)がないということでした。
見事なストレートネックだということがわかっただけ。(^^;)
(さらにこの時、MRIで閉所恐怖パニックを起こし、散々でした。(苦笑))



頭部CTとってもらったら、去年のところと明らかに違うところがありました。
群発側の副鼻腔が何かで埋まって、灰色になってました。びっくりです。
反対側はちゃんと空洞で画像では真っ黒なんですけどね(笑)。
鼻に炎症がおきてて、頭痛が誘発されることもあるようで。
「この副鼻腔炎に群発頭痛も誘発されたのかもしれませんね」とのこと。
なんだよ~、自分の鼻のせいで、群発を呼び戻しちゃったよ~(涙)。

でも、自覚症状ないんです。
下を向いたりしたら、鼻の奥がパカッと鳴るような感覚はだいぶ前からあったけど・・・
じゃあ、急性じゃなくて慢性ってこと?
がーん・・・・

これから鼻の治療も始めなきゃなりません(泣)。

でも、頭部CTって大事ですね。
毎回定期的にとることは、やっぱりおすすめです。
意外な病気がかくされてるかも~~。



群発くんだとわかっているけれど、これからイミグランを使うにあたり、
私の脳の血管は大丈夫だろうか?と画像とってもらおうと思ってます。
血管が収縮した時につまったら大変だモノ(そんな心配ないのかなぁ)。



10年ほど前にMRIによる診断を受け、脳には異常がないことを確認しておりましたが、10年一昔ということで今回は群発ではなく、もしかすると。。。と思い、会社を休んでCTによる検査を受けました。
ですが特に脳に異常はないとのこと、ホッとしました。



「群発頭痛」と診断される前の昔の事ですが診察でMRIかCT(両方やりましたがどっちか忘れた)の撮影中に発症し気合?で乗りきり(動けない、痛い)、異常が出ているのではないかとわざと医師には報告しませんでしたが結果は「異常なし」でした・・・



MRIの検査結果は……異常なし!!
むしろきれいな脳だと褒められました。
やったー!!
[PR]
by gunpatsu-etc2 | 2006-05-29 00:00 | 病院にて

脳神経外科でMRIで脳が左右ちょっと違うなんてのも言われまして、まあ、個体差でしょうから様子を見ましょうなんて言われてましたっけ。
処方された薬はなんだか忘れましたが、効かなかったんですよ。



以前は病名がわからずほとんどの病院で、偏頭痛や疲れから来るものだろうと
診断され、出される薬も全然効かず発症する度毎回病院を変えたりしていました。
ネットで調べたりしてうすうすそんな気がしていましたが、前回掛かった病院で初めて群発頭痛と診断されました。
やっぱり専門的に理解されている医者は違いますね。



この病気は年を取ると発作の回数も減り自然に解消するだろうと言われました。
その点に関してはモヤモヤ病と似ています。
だから年を取るのが有る意味楽しみな?病気だとおっしゃっていました。



3月10日ごろから 時々夜中に痛くなり、市販の鎮痛剤を服用していました。以前から偏頭痛持ちなので「いつもの頭痛かな?」程度。それから頻度が増え、3月15日からは毎日のように大体決まった時間に痛み出す。ついに3月24日はちゃめちゃ痛くなり、夜中に病院へ。次の日25日に同じ病院で診断。レントゲンとMRIをしましがた結果は、「異常なし。」「筋肉が緊張しているからかな?」、薬を処方してもらいましたが、効かず・・・

不安に思ったので、ネットでいろいろ調べてみて、こちらのサイトに出会いました。群発頭痛の症状が夫の頭痛の症状とあまりにも似ているのに驚き、慌てて頭痛専門に診ていただける病院を探し、さっそく今日の朝に行ってまいりました。

結果・・・・やっぱり「群発頭痛」だったのです(><)

医師から「命に別状はないですよ」と言われ安心はしたのですが、それもつかの間で「長く付き合っていかなくちゃいけない病気」という事実が判明し、やっぱり心配になってしましました。



「群発頭痛」と診断されたときは医者に向かって「はあ?!」とすっとんきょうな返事をしたのをよく記憶しております。それくらい「なんじゃそりゃあ」という感じでしたね。一瞬、頭に浮かんだのは「群発地震」。(~_~;)
あのズキンズキンと脈打つ痛みの意味か?と思ったくらいですよ。
毎年、この時期に目玉の奥からハンマーで殴られような痛みがあって、30年。この歳になって、俺の脳みそはやばいことになっているのか?と不安にかられ医者を頼った訳です。ある意味、最初の病院で診断されたので書き込みされている皆さんよりは良かったのかな。



私も不安にかられて初めて病院に検査に行ったら異常なし!しかも、何年も前からそんな激しい痛みがあって危ない病気ならとっくに死んでますよ!って医者に言われましたよ・・・(`´) 



初めて発症したときは、近くの病院で「片頭痛」だね、と言われましたが、薬が効かず毎日失神状態。
あげくに、救急搬送で「S和医大幡ヶ谷」へ入院・・・
担当医から「珍しい頭痛なので、入院費用は要らないからサンプル入院して」と言われ入院。死にそうな位痛いのに、教授や医学生から診察・検査・新薬投与の雨あられ・・・
ただ、効果のあったのが「重酸素治療」くらい。これは良かったがそんな施設と設備は用意できません。そして、逃げるように退院しました。

逃げた先は、「K里大学病院」。ここで私の頭痛が群発君と分ったのです。
頭痛を我慢して、血管造影剤を飲みCTやMRIを続け、頭痛時に右側の脳内から肩にかけての血管が異常に腫れていることが分ったのです。同時に子供のころから持っている、気管支喘息との因果関係もあるかも知れないといわれました。



10年くらい前に、頭の片側だけが激痛してのたうちまわりました。
その痛みが毎日やってきて、病院行っても分からず、頭痛薬でけもらって帰ってきました。薬をのんでも治らないので内科ではなく脳神経外科や目の周りも痛いので眼科にも行きました。それでも一向に回復する事無くすごしていました。
そして、3年くらい前、会社の先輩が「そんなにつらいならウチの近くに脳神経外科あるよ。行ってみなよ。俺も頭痛くて行ったけど結構よかったよ」と言われたのですが、「どこ行っても同じだよ」と思いつつも「はい」と答えておきました。
数日して仕事中に半端ない痛みが襲ってきて、早退してしまいました。その時先輩に言われた病院行ってみるか・・と思ってダメもとで行ってみました。きれいな病院ですぐに呼ばれました。
色々今まであったことを話すと「あ~群発性頭痛ですね。つらいでしょう?」と言われたのです。そこで初めて「群発性頭痛」ってコトバを聞きました。処方された薬がデカドロンとミグシスと胃薬のアルタットカプセルをもらいました。飲んでると全く痛みが消えてしまいました。嘘って思うくらいです。痛みを予防する薬なので痛くなってから飲んでも効き目は期待できませんが。でもこの薬があるだけで全然普通に生活ができるようになりました。私の場合大体10月~12月に憎いアイツはやってきます。その次期になって「あ~怪しい痛みだな~」と思ったらすぐに薬をもらいに行くようにしています。なんでも原因がはっきりしないってのがやっかいですね。この病気で悩んでいる方絶対諦めないで病院を探して下さい。



病院に行くと先生がすぐに診察してくれて、偶然こちらの先生は頭の病気をよくわかってくれてる先生で、すぐ酸素吸入して心電図を撮って「これは突発性群発頭痛ですね、痛いでしょう、頭痛の中でも最強 の痛みです。よく 飛び込み、飛び降り自殺をした男性の自殺理由がわからない場合がありますが、この群発頭痛の痛みから逃れたいために発作的にこう云う行動に出るのではないか?と言われています。」っとおっしゃってたそうです。家族でお世話になってる病院に行ってたらいつもの偏頭痛でかたずけられてました。本当に近くでとても良い先生に巡り会えた事に感謝してます。なるべく酢やワインなど血液がサラサラになるものは控えて下さいと言われました。それから、注射を取り寄せておきますので痛くなった時はすぐに駆け込んで来てくださいとも、、薬はワソランと寝る前に飲む精神安定剤と思うんですが(デパス?間違ってたらすいません)を処方してもらってます。時々先生が家に来てくれて最近は大丈夫ですか?と声をかけてくれます。主人と同じ群発と戦っておられる方も良い先生に出会える事を願ってます。この病気の人は脳梗塞にならないし年をとると治るそうですが、、困った病気ですね。



病院に行ったのは24歳の時。検査をしても異常なし、群発頭痛の存在すら知らないお医者さんも多かったのではと思います(ToT) 
その後、眼科に行って診てもらったら、微妙に右目(痛む方)の眼圧が高くそれが原因と診察されて治療薬をもらったものの効果なし。
肩のコリが原因もと思って整体に通ったら、背骨が曲がってるのが原因と言われ治療されるもぎっくり腰になっただけで効果なし。。。
30歳の時にインターネットで群発くんの事を知って神経内科に行くと群発頭痛と診察されて現在に至ります。
診て頂いた先生は群発頭痛の事を知っていてくれたので助かりました。



つい先日の通院日。
Drにはわけもなくおこられた。 "よたよた歩くな "と言う脳外科医  診察室 入ったとたん怒鳴ってきた。はて、腰痛いのは知ってるはずだが・・・。群発の戦いで疲れてたのでぼっーとして黙って聞いていたんだよ。

Dr  薬を減らしたいねぇ。・・・・ こんど ◎月◎日ね。
イミグラン命 あっ マクサルト6個にしてもらいます?
Dr  出しとくから。

そして薬局へ
 薬剤師 あれ 薬が変更になってるけれど?
イミグラン命 いつも通り頭痛もがんがんやってくる。
     処方せんマクサルト6個になってる?
 薬剤師 マクサルト3個ですね。確認しますねぇ
     しばらくして・・・・
 薬剤師 書き間違いですねぇ。
イミグラン命 いつも通り。6個。ok

20数年分のイミグラン命のカルテをみたとか聞いたが、この医師では無理か。
なんかなぁ 処方間違える医師も困るなぁ。
今度別の医師を指名しよう。



自分は群発頭痛とゆう病名がわかるまでは何件病院を回ったことやら・・・で5年前にNETで群発頭痛とゆうことがわかりいろいろ治療をしていました。で酸素治療していますが近年聞かなくイミグランも効かなく病院の先生に相談したとこA型ボツリヌス(BOTOX)を
試してみますか?と言われ今度その治療法を受けますなんら効果、結果が出れば書きこしたいと思います。



初め色んな病院に行ったが、単に疲労でしょうとあしらわれネットで6年ほど前に俺といっしょの症状、群発頭痛という病名が分りました



病院に行ってきました。
ネットでいろいろ探し、家と職場両方から見て一番近い場所にある神経内科で診察を受けてきました。
遅ればせながら群発認定を受けました。
心臓との関連性ですが、はっきり「ない」といわれてしまいました。
ただ、心臓病と頭痛そのものには関連性はあるとの事でしたが、こと群発に関して言えば関係はないだろうということでした。
まぁ何分にも原因がわからないことですから、断定は出来ないのでしょうけど。
職場が近いので、群発期の際には酸素吸入においでともいわれました。理解のある医者で助かりました。
まずは様子見でミグシスという予防薬と、イミグラン点鼻薬を処方してもらいました。



最初のうちは原因・病名が分からず脳神経外科・眼科・歯科等様々な医療機関をハシゴしましたが、10年程前に始めて頭痛治療に力を入れている地元の医療機関に出会い、自分が群発頭痛である事を知り、それに適した薬を処方して頂くようになりました。
予防薬としてワソラン、対処薬としてカフェルゴット/イミグラン点鼻薬等を処方されてきました



病院に行って来ました。
結果、立派な群発頭痛でした。
10年来の原因不明頭痛が判明し、うれしいやら悲しいやら
複雑な心境でした。
予防薬をもらい、発作時の対応として、皆様が書かれている、イミグランでは無く、レルパックスという薬をもらいました。



医療機関ですが、日本脳神経外科学会のホームページもしくは頭痛Diary-SheSmile.netで 検索するのもいとつの方法です。
注意するべき点は、遠くの医療機関より近くの医療機関のほうがよかったです。(遠いとすぐにかかれない。)
近い医療機関でも、医師の相性や信頼関係もあるので数回通院してみること。質問や疑問、聞きたいことを聴いて 丁寧に説明するDrなら ベストです。




始めに医者に行き、CT等の検査を経て、片頭痛と診断されたこともあり、そう思い込んで生きてきました。
先日、ネットで色々調べてみて、どの項目にも当てはまり、自分も群発頭痛では無いかと感じ始め、明日病院に行こうと思います。



昔は脳外科に行きは必ずCTなどとられたり、頭痛と言ったら偏頭痛としか診断されず、毎日襲われるこの痛みに首を切ってしまいたかった。 数年に1,2ヶ月続く群発が来るたびに病院に毎日のように通いました、5年前はやぶ医者に首に注射をされ、息ができなくなり大変な事になったり・・、何が悲しいって、理解してくれる医者に出会えない事がいまだに悲しい。



ホテルの部屋で1人のた打ち回り、我慢の限界を超えたのでフロントへ電話して救急車をお願いしました。
近くの脳外科へ運ばれ、主治医からもらっていた”指示書”を見せ酸素吸入とイミグランの注射。



群発と分かってから2年が経ちます。
前から同じような症状があり、医者を転々と回された挙句、脳神経外科で群発頭痛と診断されました。
やっぱりいい医者に出会うことが大切ですねー。
同じ職場にも偶然一人群発持ちがいて、そっちはボクより前からのようですが、医者を転々とした挙句、某大学病院で無意味な鼻の手術までしました。
主治医いわく、同じ職場で2人も群発持ちがいるのは信じがたいと言われましたが、同じ病院を紹介して今は何とか効く薬に出会えたようです。



この数年、頭痛外来のみならず、眼科、脳外科、歯医者。。。いろいろなところを徘徊した日々が続きました。
脳外科でもセカンドどころか、4th、5thと、実質門前払いのような状態で馬鹿な医者に会い続ける日々が続きました。
日本にはあまりにも知識の貧しい・勉強不足・怠慢な医者が多く、その根幹には法律の問題と白い巨塔的な体質が根強くあることを思い知らされました。
それに比べUSのサイトはとても詳しく、理論的に処方がなされていました。 ホームドクター的なスタンスの国をとてもうらやましくも思いました。
そして、なんと。
やっと研究熱心な先生に出会い、結果として耳鼻科でやっつけてもらいました! ものの1分で治療は終わりました。
なんという結末。。。
頭痛という名前がひょっとしたら、全ての間違えなのかもしれませんね。



先日初めて頭痛専門医にかかりました。
CT、MRIなどなどかかって異常もなく、鼻の中も綺麗で問題なし。
やっぱり群発くんです、との診断。



この時期にエッチをするとイチコロで群発君のえじきになってしまうため、禁酒、禁欲の日々です。
エッチ頭痛の事も先生に話しましたが、群発君とエッチ頭痛は別物、と言ってましたが、私自身は絶対に群発君だと思います。
H頭痛のことを話した頭痛専門医は女性です。
結構、そちらの頭痛も事細かく話してくれましたよ。(先生も職業柄なのかどうか、H頭痛の話にも結構興味をもたれてましたね。)
やはり最初はどうしようか迷いましたが、あの強烈な痛みのことは話さずにはいられませんでしたね、やはりきちんと話してみるべきです。
H頭痛と、群発君とは別なのでしょうかね?!
この時期だけですので、やはり一緒のような気もしますし・・・。



今日も一週間ぶりに経過報告を頭痛科へいってきました。
前回もそうでしたが、頭痛科から、耳鼻咽喉科へ回され、鼻腔内に炎症止めの薬をぬってもらいました(これがまた痛い)。

頭痛科の先生曰く、群発君の一つの原因として、副鼻腔
炎の可能性がある、と言われ、その処置をしました。



私の場合、家から遠くのペインクリニックで初めて群発頭痛という診断を受けました。
感じのよい先生でしたが、そこは夜中に診察していないので、うちの近くのペインクリニックに紹介状を書いてくれました。
で、1度昼にそこで診察を受けて、夜中に痛くなったら救急外来で見てもらえることを確認してから、夜中に激痛が走ったときにタクシーで行きました。
激痛であんまり覚えてませんが、その頃は、イミグラン注射もないころでしたので、ただ、ベットに横になって鎮痛剤をもらって星節状神経ブロック注射されました(しなくていいんだけど)。
その時に、しばらくたってから、酸素がいいみたいだから吸ってみるかい?と言われて初めて酸素吸入できました。
かなりラッキーだったかもしれません。
私自身も酸素がいいとわかっていてもなかなかありつけませんでしたから。
毎分5ℓでしたけどね、呼吸がラクになって激痛はおさまりました。ピリピリ感はずっと続きますけど。
その後は、行くたびに(毎日夜中に行ってたので)私=酸素みたくなってました。



今週のドクターの言葉は、「後少し予防薬を飲み続け、そして、徐々に減らし、今群発期を終えましょう。」
そして、「次回の群発期が来たら直ぐに予防薬を飲み、もっと楽になりましょう。」でした。



快速列車で1時間20分かけて、遠くの頭痛外来まで行ってこようと思っています。
去年行って、今までになく好印象の先生だったから。
もう10年近くいろんな先生にみてもらったけど、相性って言うのはホントに大事ですよね。
むかつく医者ホントに多いもんなぁ。
遠いけど、いいんだ。



いつも診察室で「痛みの度合い?えっと 屋上から飛び降りたらいいなと思うぐらいの痛さ」「つい 包丁をみると死にたくなるほどの痛さ」といってます。



社会人になってからの10年間、就職時の健康診断の医師の言葉をきっかけに、大病院の神経内科で片頭痛と診断され、効かない薬を飲み続け、これまた、ただただ耐え続けた、ぺぇーぺぇーサラリーマン生活を送っていました。

そして、その後の10年間、引越しを機に、時間のかかる大病院から、時間のかからない近くの内科医にて、ただの三叉神経痛であるとの診断を押し付けられ、そおかなぁーと思い込み、これまた、ただただ耐え続けた、中堅サラリーマン生活を送っていました。

理解ある専門医のクリニックに行き「典型的な群発頭痛」との診断を受け、まずは予防薬としてのワラソン錠と発作時のイミグラン点鼻液の処方を受けました(ヘリカルCTでの脳チェック、併症している狭心症(疑いレベルですが)の為の心電図チェックも受けました)。



数年前まで「三叉神経痛」だと思い込み、医者からテグレトールを処方され続けていた一人です。まったく効かず、バファリンを大量に飲んで胃を荒らし、入院したこともあります。
 近所の内科医に「顔面神経痛」ととんちんかんな診断をされたりね。
 身内にも内科医がいるのですが、呼吸器が専門で頭のほうはさっぱり、といまは医者の専門分野も細分化されているので、「頭痛の専門家」に診てもらわない限り、正確な診断を下してもらえないことを身をもって知りました。



脳神経内科へ・・CTを取り診察室へ。予想通りの答え、「脳には な~んも問題ないよ」「可愛そうなのになちゃったねぇ」「間違いなく群発!」と医者に太鼓判を押され同情されつつ帰路。(T_T)(T_T)(T_T)
一応 病院から効く確立は3割って薬もらってきました。



当時は「三叉神経痛」と診断され、テグレトールを処方されていましたが、最初は劇的に効いたものの、そのうちだんだん効かなくなって・・・・・・。でも、いつのまにかおさまっていて、頭痛に悩まされていたことすら忘れている。そして、数年して、またある時期、激痛に襲われる。左顔面、とくに目の奥が焼きごてを当てられたように痛み、頬や鼻の脇に痛みが移ることもあります(このあたりで三叉神経痛と思われたのかも)。その繰り返しでした。大体三、四年周期ですか。
 痛みに耐え切れずにバファリンを飲みすぎて急性胃炎になり、入院したこともあります。当時その病院には脳神経外科はなく、胃炎のみの手当てで退院したのですが(なぜか入院中は激痛に襲われなかったし)。
 で、気づいたのです。これはほかの病気なのでは、と。「三叉神経痛ではありません」とはっきり医者(脳神経外科医)に言われたのは、ほんの最近のことです。



今回は文筆業という仕事柄、肩こりが痛みを誘発しているようで、まずは肩こりをどうにかしようということで、ロキソニンとギボンズ、それにビタミンB12を処方してもらいました。すばらしくよく効いており、ここ三週間、一度も発作に襲われていません



先週の土曜日にも小田原の間中先生のところに行ってきました。
先般よりいただいていた薬に加えて、あらたに薬が追加されました。

1.以前よりいただいている薬
 (1) インダシン 25
 (2) セルベックス 50mg
 (3) リオレサール 5mg

2.新たにいただいた薬
 (4) デカドロン 0.5
 (5) ガスターD 10mg
 (6) リスミー

結局、診断としては 連続性片側頭痛と群発頭痛の両方を併せ持った頭痛ではないか?という判断にもとづき、トリプタン系は効かないのでデカドロンになりました。
こいつが結構劇薬みたいで胃腸に負担をかけるので、必ずガスターと併用して飲用して下さいと言われました。

リスミーは、前回までいただいていた「デパス」の効き目が芳しくない旨をお話したところ、こちらに切り替えるよう指示を受けました。
こいつ、結構効きますよ。



月初めに発症以来、右片側の目の奥だけでなく、頭のてっぺんやこめかみ、首の後ろの付け根あたりも激痛が終日治まらなかったので、23日の土曜日に、小田原の間中先生のところに行ってきました。
症状の詳細を伝えたところ、群発頭痛ではなく「持続性片側頭痛」と診断されました。



大きな虫歯があったので治療してもらいました。虫歯と頭痛って関係あるのか聞いてみましたが、あると言えばあるし・・って感じでした。虫歯が神経まで行っていれば炎症が起こって、近くにある目の裏の神経も刺激する可能性だって絶対に無いとは言えませんよね。



診断していただいた先生は非常に良い先生で、私たちのような特殊で周りから理解してもらいにくい頭痛持ちだと、話を親身になって聴いてくれる先生っていうのはそれだけでもカブがあがります(笑)その先生は群発頭痛にも精通されていて、診断中に何度目かの群発頭痛が襲ってきた際には、迷わずプレドニンを注射してくれました。この注射の痛いこと!でも、それ以上に痛かった頭痛がすぅーっと引いたので、助かりました。
最近は、星状神経節ブロック(首筋にする注射)は極力しないそうです。



レベル7で地元の病院に行き、今回の群発では初めてCTを撮ってもらいました。結果はやっぱり異常なしで「群発ですね」とのこと。



今日は朝からレベル3が発動したので、チャーンス!と思い、狙っていた会社近くの内科医院に突撃してきました。受付で「頭痛いから、酸素吸わせて下さい!」と言ったあと、「初診なので受付票書いてくださいね。書けますか?」とやさしい言葉を掛けてもらい、とりあえずよさそうな病院だと安心。レベルが上がってくるころにちょうど診察時間になりそうだぞと思ったのも束の間、「あれあれ、おい!群ちゃんどこへいっちゃうの!」とばかりに痛みが去っていってしまいました。
先生から呼ばれるころにはすっかり元通り。
でもいろいろお話を聞いてくれ、やはり症状から群発ですねとのこと。「痛くなったら酸素吸わせて下さい」と正直に言ったら「いつでもいいですよ。」との返事をもらいました!。とりあえず会社にいる時間帯は安心です。いつでもいらっしゃいって感じです。



大きい病院でMRとCTもしました。病院の先生は「ほんまに痛いの?調べてもなんにもなってないよ。痛み止めでも飲んで!」と言われ、その時はその痛み止めで良くなりました。
病院も、もうどこに行っていいのやら分からなくて。
(前に大きい病院行ったとき、病院の中をたらい回しにされた)



先日、とうとう夜中の発作時に救急車を呼びました。連日連夜の激痛!!我慢にも限界がある。主人が救急車を呼ぶ場面までは、なんとなく覚えていましたが、その後は、「激痛」しか覚えていません。ただ、右手首の上辺りに一瞬、気持ちいい感覚が2回ありました。注射針を刺された時です。 時間は過ぎ、痛みが引くと爆眠するのは、毎度の事ですが・・・病院で目覚め、時計の針はAM9時(病院で寝すぎ)。看護士が、「院長の診察があります」との事で、診察室へ、、
院長(神経内科)がまず一言「典型的な群発頭痛です!痛み、ずっと我慢していたの? 辛かったでしょう。発作時は、我慢せずに夜中でもいいからここの救急外来に来て一泊して、目覚めたら帰宅していいからね!」 感動しました。群発患者って,医師からこんな言葉をいただくと、「やっと辿りついた!」って感じですよね! 更に「痛みの表現は?右目奥を刺されるような、えぐられるような?他に表現はありますか?」との質問に、「火であぶった、先の尖ったペンチでねじられるような!」と、鼻息荒く、付け加えておきました。ホント、そんな感じですよね?
[PR]
by gunpatsu-etc2 | 2006-04-15 00:00 | 病院にて

新しく掛かってる医者が自律神経症状が出てない(涙とか鼻水でないんです)とか群発性頭痛に特徴的と言われる症状のないこともあって病名特定をなかなかしないんですよね。
CTとかMRIとか入眠時血中酸素濃度とか検査をしたがる。
当然、投薬もビタミン剤とか消炎を重視した内容で、一番欲しい鎮痛薬をくれない。

そんな中で、群発期にもかかわらず出張が入りまして。
まぁ国内なのでマシなんですが。
このままではマズイ!で、とうとう裏技に…
寝れば頭痛がくるわけですよ。当然ながら。
普段はそれでもなんとかしてしまうのですが、
夜間救急に駆け込むという手段に出てしまいました。
救急はろくに検査なんてありません。頭痛がすると言えば
素直に鎮痛薬くれます。これでゾーミッグを10錠、
手に入れました。あんまり誉められた方法じゃないですが。



先日の通院でこのページの書きこみのある『マクサルト』を試してみたいと先生に申請しました。
第一声「へぇー新薬なの?」でした。
で、「いいよ、用意しておく」と、なんとも簡単な返事。
まぁ、この簡単さが楽でこの病院に通ってるわけですが…
酸素吸入のことも切り出してみました。
以前、この病院の常連が酸素吸入を試したところ、えらい効いたというのです。ちなみに先生は「俺も驚いた」といってました。(^^;)
ならば私にも!…と勿論申し出ましたが、今は需要もほとんどないため、酸素を扱わなくなったとのこと。
ならば他に方法は?…という質問を投げかけたところ、
一言「ないね」とピシャリ。
ここは私も負けじと、自宅でも医者の処方いかんで扱える例があるという情報や、他に対応できる病院の紹介とか、いろいろ食い下がってはみましたが…
「ムリムリ、方法はないから忘れなさい」というのが最終回答でした。まぁ、最終というほどたくさんの回答をもらってはいないんだけど。(^^;)

ただ…この先生だけが特別に悪い人というのではないと思っています。他に専門の病院や医者を紹介できるほど【頭痛】は世の中にも医者にも理解されていないっていうのが最大の理由でしょう。痛いけど死なない(という認識)…ですよね、頭痛って。
(この私のかかりつけ医も自分で言うほど頭痛に対する知識は豊富ではありません…。)

でも、酸素吸入でMAXな状況が緩和されるならワラにも縋りたいのは患者の本音なんですよね。
…てな気持ちも先生にぶつけてみましたが、「そんなの、医者に迷惑な顔されるだけだよ」と言われてしまいました。
確かに…今までに何人もそんな医者に会ったし、それが今自分が置かれている現実だな、ということも痛感してます。
対処する側に知識がないのだから、そりゃ頭痛ごときで救急にかかって酸素吸入?なんて迷惑がられるのは目に見えます。ハイ。(苦笑)
以前、このゲストブックにもそれに似た書き込みがありましたよね。読みながらその一部始終の映像がはっきりと見て取れた気がしましたから。(^^;)
これがこの日の本当の最終回答でしたが…
先生曰く…
「ネット上でもなんでもあなた達がもっともっと大騒ぎしなさい。それで現状が少しづつ変わっていくと思うよ。頭痛ってこれからやっと病気として認められていくのかもしれない」でした。



お酒を飲むと頭が痛くなり、お酒が弱いせいだとずっと思っていました(親父の家系はお酒が弱い)。20代前半から歯痛に悩まされるようになり、2,3年治療を続けましたが痛みがとれず、鼻炎ではないかと言われ耳鼻科もいきましたが特に問題はなく、次にその耳鼻科の先生に三社神経痛ではないかといわれ神経内科にいき、そこで最初の通院から2年後にようやく群発頭痛との病名をいただき、現在にいたります。



一昨年前に近くに脳神経外科医院を見つけまして、受診しました。先生から頭痛の種類、対処法などいろいろ教わりました。私もいろいろ病院を回りましたが、やっと信頼できる専門の先生を見つけることができ安心しています。ただ、「群発」「片頭痛」の発作時には、動くことができないので病院にいけないこと。発作時に脳で何が起こっているのか、知りたいんですけど…。



小さな個人医院なのでホイッと行ってサクッと検査。その場で結果が出るという実にフットワークの軽さが魅力です(笑)



4年前の群発期には発作があまりにもひどく食事も取れない状況になり5日間ほど入院しました。といっても1日中酸素を吸入して発作時はイミグランを服用するという程度でしたが・・・・。



急に出るのが群発くん!車にて移動中、いつもの時間でも無いのにウズウズ来ました、係りつけの病院も近くに無く、困ってしまい、手持ちのイミグラン点鼻シュ!しばし待ち・・・治まらない汗!!酸素ボンベもつんでない!!
取り合えず、酸素吸入出来そうな、近くの病院に駆け込みました。そこでの対処方法をひとつ!
説明しても無理と思い『群発頭痛です。酸素を・・・お願いします!』私は待ってるのも、お気まりの手続きも嫌なんで、係り付けの病院の診察券出して、『対処方はココに聞いて下さい!』失礼も承知で出す!(ちなみに、救急病院のものもありましたが、普段診察されてる方の病院のもの出しました。)
見た目苦しい顔も当然してる訳で、受付の人も対処にオロオロされるのも困るんで、これが一番早いかな?苦肉の策で出しました。こうしたら、待ち時間はほとんど取られません。
相手が群発くんを知らない病院でも係りつけ病院との電話でのやり取りの時間は待ちましたが対処はしてもらえました。今回は酸素だけでしたが・・・
イミグラン注射薬はさすがに何処にでもある薬では無い事は覚悟しなければならないです。
それでも、治まらなければ・・・出来るところに搬送お願いするしか無いです。(でも、器具付けてキチンと管理してもらえるのはありがたい事だったんですが、血管膨れて痛いのに血圧計は・・・止めて!!終わってからにしてよぉ~汗!!(まぁ、そこの決まりらしいので我慢・・・涙!!)でも、血圧測るたびに圧がかかる!!郡発くん・・・元気になる!!・・・行ったり来たり!なんて・・・嫌じゃ!)



病院も歯科、眼科、耳鼻科などを転々とし、最後に行った眼科の先生に脳神経外科を教えてもらってやっと群発頭痛であることがわかりました。(7年くらい前です。)



発病するたびあちこち病院行きましたが、何の解決にもならず、毎回医者の対応と、激痛に腹が立ってました。
ガンでも完治する世の中、何で群発頭痛が治せないのよ~。
なったものでないとわからない痛み、群発頭痛持ちの医者はいないのか。



自分が群発頭痛ではと思うきっかけをこのHPで知り
今まで掛かって来た県立の病院を出て
専門病院(山口クリニック)に行って来ました
案の定そこでは、群発頭痛と診断されました
今までは片頭痛と診断してもらっていたので
薬もテラナス・ミオナール等の薬でしたが
群発頭痛にはあまり効果が無いと言われ、
愕然としました、

先生にも終わりが知りたければ
お酒を飲んで痛くなったらまだ
痛みが無ければ 終わりですよって
笑って言ってました
私があまりに神経質な顔をしていたので
笑って深刻に考えないで
これからもがんばってと言いたげでした



頭痛も肩こりとストレスがなくなったら治るとのお言葉で、薬は安定剤と頭痛にもいいからインドメタシンの塗薬、結局はマクサルトの処方は3個。



先週の土曜日,あまりの痛さに,
救急病院へ行きました。
MRIをとっても,異常なかったので,
帰ってください・・・。
痛いのに?

本日,脳神経外科に行きました。
偶然にもそこで,頭痛発生。
で,酸素吸入させてもらったら,
なんと,すぐに頭痛は治っていきました。
ベンザ鼻炎スプレーもほとんど効かなかったので,
悩んでいましたが,そこの病院は,
また,イミグラン点鼻薬が効かなかったら,
酸素吸いにきてくださいって。
良心的な病院です。
ちょっと,心が楽になりました。



先日2回目の発作がイミグランで治まらず、苦しんでいる所、救急車を呼ばれ、酸素もだめ、もうイミグランも使えないってことで麻酔、そのまま入院になりました。
入院してる間は発作が来たらイミグラン注射してもらい
かなり安心してたんですけど、やっぱり退院したら不安。



病院(医者)選びが大切なことはわかっていますが、もうそれも正直疲れました。
私には片道数時間かけて通院する経済性も気力もありません。
内科医の知人がいますが、「頭痛では死なない」っていう程度の認識だそうです。専門医が手の届くところに在籍していない限り、病院にそれ以上のことを期待するのを諦めました。(苦笑)



2年前の夏から秋にかけて突然左眼の奥から激痛が走り、夜中も痛みで目が覚める日が続きました。たまらずに脳神外科に行きMRI検査もしてもらいましたが、異常は無く薬ももらえず帰されました。後日違う病院に行ったら緊張性頭痛と診断され、鎮静剤をもらいました。
その後頭痛は全く無かったのに3~4日前からまたあの痛みに襲われ始めてます。
今日また病院に行き同じ薬をもらって来ましたが何だか効き目がないので、不安になりPCを開き初めて群発頭痛という言葉を知りました。全くと言っていいほど私の症状と同じで驚きました。
やっぱりこれって群発頭痛なんですかね?
今回は必ず朝の6時位に激痛と共に目覚めます。。。
いっそ一思いに殺して~って位です。

昨夜あまりの激痛に耐え切れず救急で脳外に行ってきました。今までの症状など話した結果、群発頭痛と診断されました。



脳外科・耳鼻科・リハビリ科、放射線科とチーム治療。うーん。実験台か。。治るんならいいや。



耳に水が入ったときみたいな頭の感覚が最初に来ました。
耳鼻科に行ったのですが原因不明。
目医者も問題なし。
益々不安になりますよね。
何処へ行ったらよいのか解らず内科へ行ったら、
検査もせずに三叉神経痛と云われました。

『違うんじゃないの?』と探してたらこのPageに届きました。そんな病気があることを知らない私も私ですが、先生も先生ですよね。ちょっと信頼揺らぎますよね。



当初は何らかの重病かと思い、はっきり言ってとても怖かったです。CT、脳波、MRI検査でも全く異常が無く、片頭痛という事を伝えられました。しかしながら片頭痛治療薬の効きも悪く、鎮痛剤だと効き目が切れた後、ぶり返すような発作がやって来ます。「頭痛大学」も拝見しましたが、医療に知識は無いものの、片頭痛ではなく群発頭痛ではないか、と思ってしまいました。
現在は薬も服用せず、とにかく我慢をしていますが、医師の方に「これは群発頭痛では?」と聞くのは気が引けますし(苦笑)

私の担当医は、発作が目の奥ではないので群発である事は明言できないような感じでした。実は先月、別の病院にも行きました。そこでは片頭痛も群発も疑われると診断されましたが、その時もらった予防薬(ミグシス)を2週間服用しても特に変化がないので、それ以後行っていません(苦笑)



昔は、DRと 医学書片手に、自分が納得いく治療をしてほしくって、この痛み・つらさを理解してほしくって 討論しまくってました。現在も納得いかない時は、討論やってますけどね。(*_*)// 最近では、云わなくても、顔見ただけでわかるらしく、治療がスムーズ。DRに対しては、完全に信頼してます。患者と医師の関係って大切だなってつくづくおもってます。



Smile.netにある頭痛diaryをつけてます。そいつを DRにみせて治療に役に立ててます。



今日早速、慢性頭痛友の会というホームページに紹介されていた病院に行って参りました。やはり、毎度のことながらCTを撮られ、いざ、お目当ての先生に診ていただいたのですが、初めて群発頭痛と診断されました。今までの病院と違い、親身にいろいろと病状を聞かれ、話をしているうちに涙がでてきました。やっとお医者さんにも辛さを分かってもらえて、嬉しかったです。とりあえず、ミグシス錠・ミグリステン錠・インダシンカプセルという予防薬を2週間服用することになりました。もし、これでも効かなかったら、再度、別の予防薬を処方してくださるとのことでした。きっと私にあった薬が見つかると思います(できれば薬は避けたいのですが、仕方ないですね)先生のところには、最近、15歳の男の子が、県外(結構遠いところですが)から来られたり、頭痛がひどく、外に出るのがこわいので入院させてくださいという男性が来られたり、と、ほかにも苦しんでる方がいらっしゃるんだと思うと、本当に胸が痛みました。とにかく、私の頭痛に対して向き合ってくださるお医者さんに出会えて、本当によかったです。ちなみに今日は、会社を休みついでに歯医者さんにも行ってきました。関係ないかもしれないですが、歯とか肩こりとかも原因かも・・などと思ったり、頭痛になるような要因は治しておこうと、私も頭痛に対して少しは?前向きに考えるようになりました。



同じ病院で複数の医師が勤務しているのなら、変更してみるというのも一つの手です。へき地だと脳外科医はひとりで毎日の診察・手術など手がけていて、新しい知識に追いつかないとも考えられます。自分がとった行動は日本脳神経外科学会http://jns.umin.ac.jp/で専門医を検索し、周囲に通院している人がいれば情報を収集するのも やり方ですよ。



5、6年程前から左目奥が激しく痛む症状があったのですが、お酒を飲んだ後に症状が出ていたので、どうせ酒のせいだろうと病院には行きませんでした。
しかし昨年、この痛みが3ヶ月続き、眼科、脳神経外科に数箇所行きましたが、CT、MRIなどの検査のみで異常無と診断され適当な薬を貰って帰るという繰り返しでした。
最後に診察してもらった脳外科のお医者さんに、もしかしたら群発頭痛の可能性があるから、神経内科に行きなさいと言われ、その神経内科の先生に初めて群発頭痛と診断されました。
薬はレルパックス20mg、ワソランを処方してもらいましたが、薬が効いたのか、自然に治ったのかはわかりません。



病院の先生も毎回夜中にやってくる、何かに取り付かれたような私をみても、詳しく病状を聞こうともしません。ちなみに私は、寝る前に、軽めの頭痛薬を飲んで寝てます(病院の先生に、そうしてみたら?といわれたのですが)。
この何年か、頭痛が来るたびに脳外科へ行くのですが、脳に何の異常もないといわれ、去年はあまりにもひどかったので、MRIを6時間待ちで検査してもらったのですが、それでも何の異常もないとのことでした。ただ、結構有名な脳外科なのですが、群発頭痛などという事は一切言われなかったです。



2002年に産業医に診てもらいました。これもラッキーだったのですが、この医者が頭痛に詳しい人でした。新しい薬(ゾーミック)があるから試してみろといわれ処方してもらったところ効き目がありました。
でも発作消失には時間がかかります。医師に相談したら、「予防薬」ではないが少しでも違和感を感じたらすぐに飲み、発作期間中は定期的に飲んでもいい、とアドバイスされ、その後はその通りに飲んでます。



ぐんちゃんが、やってくる気配を感じ、通りかかった呼吸器・循環器の医院に行きました。「イミグランの注射を」と言ったら、Dr.「おいてない」「そんじゃ、酸素吸入は?」Dr.「できるよ」「じゃ、それで」で診察終わって、酸素吸入開始。お願い10リットル10分 7リットル10分でといったのに、3リットル。ぐんちゃんは やや暴れ、めまいや痙攣もあったけど おさまった。途中、Dr.何度も様子を見に来ていたらしいが、こっちは、ぐんちゃん発生でそれど頃ではなく、のたのたしてたけど。いや、酸素は いいねぇ。そこは往診OK。るんるん。酸素の病院も見つかったし、でも、患者が提案していいんだろうか?治療方法?

群発に限らず、最近の患者さんは色々と勉強をされているでしょうから、あれやこれやと先生に注文をつける方も多いんでしょうケド、医者様からすると、そういうのってやっぱりウザイんでしょうかねぇ。。

実際 患者に何かいわれると じっときいて対応する対話型タイプと わしの治療に文句あるんかい!の一方通行タイプと2つに分かれるようです。患者と医師の合性もあるし。。。。情報網が飛び交う中での医療・治療で難しい世の中になりました。(T_T)

お互い信頼できる関係を築くということが大事ですね。。



先日、胃カメラ直前に発作が・・・
片目から涙を流しながら胃カメラを飲んで
「こんな人生嫌だあ!」と思っていたら
お医者さんも群発持ちだったようで
麻酔を効かせていただき、事なきを得ました.



マイナスイオン電子の治療がどういうものなのかご説明します。マイナス電子75%、プラス電子25%を体内に流し、血液を浄化するというものです。(なぜ浄化されるかは不明)浄化することにより、血管が拡張しても神経を刺激することが無くなり、頭痛が起こりにくくなる。と言われました。
そんなこと聞いたら、やってみるしかないですよね。
まだ5回くらいしか治療してませんが、結果は聞かれるまでもなく効きませんでした。



目医者に行った時は、『緑内障』の疑いで眼圧、眼底の検査でしたが、異常なしとの診断です。
ただ、目医者にて偏頭痛の一種じゃないかと、的確な予想と痛くなりそうなら、鎮痛剤を早めに飲むって凄く役立ったアドバイスを頂きました。



(一,二回目は脳外科に行かず)三回目は行ったのですが、新聞で群発頭痛ってのを読んでそれだと思って来たと言ったのに、あんたが群発頭痛なワケが無いといった感じだったので二回目で行っててもロクな診察はされなかったと思いますが…



「頭痛外来」などという所を見つけて行ってきたんですが、そこで目の近くにある血管を覆う筋肉?が群発もちの人は傷む側が薄い傾向にあります、とかなんとか言われました。
で、自分の画像を見ても明らかにその部分は薄い。薄すぎ。ってことは、治らんの?



前回の発作期間は近所の割と大きい救急病院行ったものの『群発性の頭痛は耐えられない痛みなんですよ』とお医者さん。耐えられないから病院に行ったわけなんですが、お目当ての薬はもらえず頭痛薬をもらい、どーしようかと思ってる間に期間終了でした。
ちなみに最初の発作期間の時は目医者に行きました。
だって目がもの凄く痛いんだもん(笑
目医者に行ったの自分だけじゃないハズ。



わたしの場合、10歳の頃から群発頭痛が現れました。当時はただの頭痛、で片付けられてましたが21になってようやく群発頭痛との病名がつきました…



病院に行けば盥回しにされ、「脳には異常ないから大丈夫」くらいなことを言われる始末。3度目の群発期でようやく群発頭痛と診断され、なんかホッとしちゃいました。(ホッとするどころか地獄の始まりでしたが・・・)そして、現在4度目の群発期突入。



発作期は勉強や仕事にも差し支え、また他人にも気味悪がられる始末です。
その間、近所の医院でも大学病院でも首をひねるばかりで効きもしない鎮痛剤やエルゴタミンを処方される程度でした。
あのころはまだインターネットも発達しておらず、多くの方が恐怖と孤独の中で怯えていたと思います。



その昔は病院に行ってもセデスしかくれず(ひどい)、群発の約1ヶ月は死人のようにすごしてたけど、今回の群発ではイミグラン点鼻薬をためしてすくわれました。
だってどうにもならなくて夜中に救急外来に行って酸素吸入とイミグラン注射をしてもらうのが1回だけですんだんだもの!
以前は10日間ぐらい毎夜タクシーで行ってました・・・。
でも、群発が始まると仕事にもほぼ行けずに家でほとんど鬱状態になります。



勤務先の院長が紹介してくれた病院を最後の頼みの綱として行きました。そこでやっと群発頭痛だとわかりました。それから群発時期になるとその病院にお世話になってます。そこは、神経ブロックを専門にしていて頭部の神経に直接注射をして神経の拡張を抑えてくれます。薬はもちろんイミグラン。



本当に群発頭痛の知識のあるお医者さん少ないですよね。今日も神経内科の先生を紹介してもらい、行ってきたんですが、診断書をお願いすると、偏頭痛としかかけないと言われました。
 イミグランは副作用が結構しんどかった事を伝えると、レルパックスとやらを処方されました。
 これで、痛みを少なくしてください・・で診察終わりました。期待した私が悪かったのでしょうねえ?



この頭痛はいまだ効果的な治療法を手探りしている状態のようですから仕方ないのかもしれませんが、今度は!と思って行く身には虚しい結果ですよね。まあ、どんな病気でもこういうことってまま有りますが。

ところで、いつもどんな規模の病院にかかっていますか?酸素療法や注射といった発作時の対処ができなくてもよければ個人経営の診療所も以外に穴場(?)かもしれません。私が以前かかっていた診療所の先生は神経科のカウンセリングが主でしたが、頭痛のこともよく勉強されていて常に新しい知識を積極的に取り入れてたのでとても信頼できました。ただ、神経科の患者が圧倒的に多いので、待合室は咳払い一つするのも憚られるくらい静かで気疲れするうえ、予約を入れてても2時間くらい待たされるので群発期に行くのはしんどくて、泣く泣く転院しましたが...まあ、そんなところばかりではないと思うので行き詰ったら試してみてください。



今までは専門の医者に行かなかったのでただの偏頭痛って言われるだけでした。しかも過去にMRI6回CT2回も撮らされて脳には以上ないね!って、そればかりでも今回ので群発頭痛ってことがわかっただけでも良かったです。原因不明ってのが一番不安になるし・・・!



私ではなく・・・私の彼氏が現在「群発頭痛」中!でも、そろそろ終わりのようです。(油断はできませんが)正式にお医者様に「群発頭痛」と診断されたのは、前回の群発頭痛(2年ほど前)の時でした。それ以前は病名がわからず・・・眼科行ったり、MRIやらCT撮ったりしたけど異常が見つからず。2年前に、ネットで色々検索したら某サイト(残念なことに閉鎖になってしまったTT)で「群発頭痛」を知りました。その時病院でもやっと診断され、ある意味彼氏は「安心」していました。病名がわかったからです。それまでは、病名もわからず、どうしていいかもわからず・・・とても不安だったみたいです。




最初は眼科に行って眼精疲労と言われ、次は目の下をぶつけた事を思い出し、顔面のレントゲンを撮りました。異常はなし。



昨年脳神経外科で、正式に”群発頭痛”のお墨付きをいただきました。



某大学病院の神経内科にいって症状を話したら、そっこうで「う~~ん、たぶん、群発頭痛だね」っていわれて、 ネットで検索したら自分の症状とドンピシャだったって感じです。



自分の場合はネットで調べて、もうこれしかないっ!って感じでした。
頭痛大学の間中先生に問診していただいた返答にこう書かれていました。
群発頭痛は残念ですが、かなり慣れた先生でないと適切な治療が出来ません。と。
あちこち病院をさまよったという話も聞いていたので
相手にされない時の為に、自分はこういう症状なんですっ!
って、群発頭痛を説明しているサイトをプリントアウトしてもって行きました。
幸い、先生は群発を知っていたので、速攻でしたが。
[PR]
by gunpatsu-etc2 | 2005-06-14 00:00 | 病院にて

初診の体験談


初診だけど、余計な手続きや、書類は全てスルーして、ソッコーで診てもらって、注射か酸素吸入で痛みを治めてもらえるよう、最大の演出で受付に行きました(笑)。ささやくような声で

「初診なんです・・・群発頭痛です・・・痛っ・・・」

まもなく看護士が来て診察室の前まで、案内してもらい、マックスパワーで暴れる群発ばあさんと戦いつつも、わずかな安心感で自分を支えてました。

『この様子をみれば、大慌てで注射かなにかで治めてくれるはずや・・・』

ようやく診察。けど、この医者のひとことでキレそうになりました。

「群発?あぁ~、多いんだよね~この時期」

『なんじゃあ、ワレ!そののん気な対応わっ!』

少し、時間を戻して、受付から診察室の前まで看護士が連れてってくれてるあたり。
看:今まではどうしてました?薬は?
俺:5年ぶりくらいなんです。前は病院行ったけど、薬もらったその日に治ったんで、
  飲んでないし、名前もわかりません。
看:わかりました。こちらでおまちください。

診察室

医:群発?あぁ~、多いんだよね~この時期。で、薬は何使ってるの?
俺:『このおばはん、説明してないんかいっ』(と思いつつ)
  いや、だから、かくかくしかじかで・・・
医:ええっ!?それじゃあ分かんないなぁ。(といいながら本で調べ始める)
俺:『これからかいっ!!医者が患者の前で本読むの初めて見たぞっ!』(と思いつつ)
  あの・・・酸素吸入とかでとりあえずは治まるとか聞いたんですけど・・・
医:それは、効く人も効かない人もいるのっ!(突然キレる。まだ、本で調査中)
俺:『酸素吸入やったら体に害はないやろうし、分からんねんやったら、とりあえずやって
  みようや、なぁ、おい、せんせいよぉ』(と思いつつ)
  とりあえず、今のこの痛みを抑えられませんかね?
医:前の薬が分かんないと、どっちが効くか分かんないんだよねー。ん~(まだ、調査中)
俺:『ワレ、問診もせんと何ぬかしとんじゃあ!』
  (イライラで痛みはマックスで暴れっぱなし状態)
医:・・・痛い?
俺:痛いですっ!!『殺すぞ貴様っ!』
医:ん~じゃあ~注射してみようか?お~い、○○○持ってきて
  (痛くて注射の名前は覚える余裕なかった)

この後、本気でキレました。こんなこと本当にあるんや、と・・・

医:ん~じゃあ~注射してみようか?お~い、○○○持ってきて
俺:(あぁ、これで解放される)
看護士が取りに行ってる間、全く問診なし。なんか、聞かないのか?
約2分後、看護士が帰ってきた・・・

看:(医者に耳打ちで)あの・・・ないです
(耳打ちの割にはしっかり聞こえた)

俺:(マジですかっ!!)
医:ええっ!なんで?ないの?だめじゃん、ちゃんとチェックしないと。
看:すいません・・・。
俺:(ないって、おいっ!)あの・・・
医:しょうがないなぁ、○○もって来て(俺のことは全く無視)

数分後・・・
白い錠剤を渡されました。

医:これね。舐めないで舌の上に乗せておいて。そしたら吸収されるから。
俺:乗せるだけ・・・ですか?
医:そう、乗せるだけ

頭痛でおかしくなていたのか、これを聞いて、てっきり
(舌の中に解けて入っていくんやな)
と思い込んだ、愚かな俺。でも説明不足としか思えない。
すさまじい頭痛に耐えながら、口を半開きのまま、溢れてくる唾液を飲まずにキープしてました(笑)。

飲んでいいのか?飲んでいいのか?

しばらくしてから、当然飲みこむだろっ!ってことに気づいてのみました。
ちなみにまるっきり頭痛は治まらない。
看護士がやってきました

看:どうですか?治まりました?

俺:いいえ。全然。

看:そうですか。わかりました。
といいつつ去る

数分後診察室
(頭痛はやっと治まった)

タオルで押さえながら入っていった俺を見て
医:そうやってると、治まるの?
俺:まあ・・・ましですね。(イライラ)
医:とりあえず、このカフェルゴット出しとくね。1回2錠、一日6錠までは許すから、それ以上は飲まないようにね
俺:6錠以上飲むとどうなるんですか?
医:副作用がでるかもしれないのっ!
俺:どんな?
医:それは・・・その・・・あれだよ・・・
俺:・・・
医:・・・

終わりですかっ!

医:片頭痛用の薬だから、多分効くと思うよ
俺:片頭痛じゃなくて、群発頭痛なんですけど・・・
医:いっしょなのっ!片頭痛も群発頭痛も。
表裏一体なのっ!
(手のひらでのデスチャーつき)

表裏一体って意味わからんぞ。
結局、薬で様子見ることで、ようやく終わりました。

医:どう?もう治まった?
俺:そうですね。治まってきました。
医:顔が全然違うもんね。効いたんだ。

俺:いいえ。2時間もガマンすればいつも治まりますから
単に時間的な問題だと思いますっ!

この時点で、ここには2度と来ないことは決めました。薬は効いたり効かなかったりですが、とにかく、医者の対処が正しいかどうかは別として、態度が許せなかった初診でした。
おしまい。


■最近は、医療事故で訴訟がおおくて、だから 調べます。最近は患者さんのほうが知識があったりする(ーー;)
専門だとまあ、なんとかなるんですけど、専門外については なかなか手がまわらない。外来診療、入院の回診、カンファレンス、その他 病院の規模が大きいと雑用も多いし、上下関係もある。恐ろしい世界。

■通常は、痛みは対処療法で緩和をおこないますが、頭痛は診断が困難の時が多いです。なんせ起因するものが、脳外科、耳鼻科、内科、精神科、歯科その他、多岐にわたっています。慎重にならざるを得ないです。
 できたら、かかりつけ医を 大学病院という規模ではなく、いつでも対応できる町医者(個人の病院/診療所/医院)を選択されたほうが 処置も早いです。アレルギー疾患や副作用問題などもありますので、自分の身体を知ってもらい、相談に乗ってもらうようにしては いかかでしょう。

■どのような副作用が出るのか医師にもわかりません。
人間の体は複雑で 一人ひとり違うので、こんな説明しか出来ません。どんな薬にも副作用があります。さじ加減ひとつで毒や薬に変化します。
カフェルゴットは、1週間に10錠以内。
(依存になりやすいです)30分に効果なければさらに1錠追加。
頭痛日誌を記入し 自分の生活リズムや頭の痛みの変化を知り 診察時に医師に伝えてください。
薬が効いた効かなかったのことでもいいので 医師に伝えてください。医師(出身大学)によっても違うけれど、データがあると判断しやすいです。
[PR]
by gunpatsu-etc2 | 2005-04-21 00:00 | 病院にて

病院・医者様さがし

今新たにお医者様を探しています。
どうすれば効率よく良い先生に巡り合えるのでしょうか?



病院と先生選びこれは皆さん苦労しておられるようですね。
自分も前に診察してもらった大学病院の先生はもういないようで。
カルテだけで相手にしてもらえるのか不安、どうしようです。



以前小田原に行った時に「頭痛大学」の間中先生の病院を偶然発見した時は、真剣に小田原移住を考えましたよ(笑)



お気持ちすごくよくわかります。自分も!(笑)
[PR]
by gunpatsu-etc2 | 2004-12-18 00:00 | 病院にて
ネットで近くの頭痛専門外来訪ねました。ペインクリニックでした。
いきなり三叉神経ブロック注射を頭と首の付け根に!世の中グルグルまわりました。
後、頭全体が痛く、また翌朝のいたみひどかったです。



歯医師にいったら 頭痛登場 痛みで のたうちまわっていた時
ペインクリニック科にカルテまわり 三叉神経ブロック注射。
なんせ小心者 いつもの病院と違うのもあって 怖さが出で 緊張性の頭痛もでました。



注射ってだけでも怖いですけど群発の痛みには効いたのでしょうか?



答えは 針が怖くて緊張したのか 痛みには効かないです 根性のあるやつ。
Drとの信頼関係が大切かも。
[PR]
by gunpatsu-etc2 | 2004-12-05 00:00 | 病院にて